歯科矯正は昔と比べて、ずいぶんと私たちの生活に浸透してきていて、小学生の子供が矯正器具を付けているのを見るのもめずらしくありません。スリミナージュ口コミ

私も、大人になってから歯科矯正を始めましたが、歯科医院では小さな子供と同じくらいの人数の大人が歯科矯正をしに来院していました。一つテンヤ

  歯科矯正をするにあたって、最も気をつけたいことは虫歯にならないようにすることです。海野真理 ピアノ

矯正器具を付けた口内は、食べたものが挟まりやすくて、矯正器具を付けてないときと比べると虫歯のリスクが高まります。アトピー 完治

私も矯正を始めた数ヶ月後には、前歯に歯垢の塊が見つかり、危うく虫歯になるところでした。秘密の通学電車

矯正器具はとても複雑なもので、それが歯のほぼ全体に付いているので、歯ブラシで丁寧に磨いたつもりでも、歯垢を完全に除去できていない場合が多いのです。美容

まず、虫歯にならないようにするために、自分の担当歯科医に正しい歯の磨き方を習ったのがいいです。

そして、頻繁に歯のクリーニングをしてもらい、歯ブラシでは届かない矯正器具の複雑な部分も綺麗にしてもらうといいでしょう。

あとは、 口腔洗浄液を使うのもいいです。

口腔洗浄液を使うことで歯垢が歯に付きにくくなるそうです。

せっかく歯科矯正をしても、虫歯で歯を失っては本末転倒です。

普段以上に歯の虫歯ケアをしてください。