低血圧で朝起きられないというのは女性に限った症状だと思っていたのですが、それが間違いであることに気がつきました。 いつも青白い顔をして、何となく病弱な顔をした同僚が私の会社にいるのですが、先日この同僚と一緒に北海道に出張に行くことになりました。 私の会社はシフト制で、私は早番で彼は中番ですから、昼時の4時間だけ勤務が被るという状態だったのですが、結構仲は良かったです。 私たちは出張の当日、羽田から千歳までの朝早い便で飛び立ったのですが、彼は時間ギリギリで空港にやってきました。 私が「どうした?チェックインギリギリだよ」とちょっと文句を付けると、「ごめん、お腹を壊していて」と言いました。 まあ下痢なら仕方ないと思い、それ以上の追求はしなかったのですが、出張中の2日間の朝もギリギリに起きてきてしかも凄くしんどそうにしています。 私が大丈夫か?と聞くと、彼は自分が酷い低血圧で朝早くは起きられないことを吐露し始めました。 てっきり女性だけかと思いましたが、男性にも低血圧で朝起きられない人っているんですね。 私はかなりビックリしてしまったのを良く覚えています。