第一に、破産を要請するまでの時間は本人に対して電話を用いた返済請求と負債者その人の家宅への訪問による回収は違法行為ではないということになります。それから、自己破産の手続きに進んでから実行までに余計な時間があった場合には債権保有人はなりふりかまわぬ収集をする危険が上昇します。債権保有者側からすると負債の清算もしないで、重ねて破産のような法律の手続きもされないといった状態であるとグループ内での対処を実行することができないせいです。その上、債権保有者の過激なタイプは専門家につながっていないと気づくとなかなか強行な締め上げ行為をやってくる会社もあります。司法書士事務所や弁護士団体に頼んだ場合には、各々の債権保持人は本人に関する直接回収を続けることが認められません。SOSを受けた司法書士の人もしくは弁護士の担当者は業務を受任したという内容の書類をそれぞれの債権者に送付し、その書類を受け取ったとき被害者は債権者による強引な返済請求から免れるということになります。付け加えると、業者が会社や親の家へ訪問する収金は借金に関する法律のガイドラインで禁止事項になっています。金貸しとして登録してある会社ならば会社や親の自宅へ訪れる取り立てが貸金業法に反するのを把握しているので、伝達すれば、そういった収金を継続することはないと言えます。破産に関しての申請の後は当人に向けての収金を含めて、すべての返済請求行為は許されなくなります。それゆえ、業者からの支払い要求行動は消えることでしょう。けれど違反と知っているのに電話してくる取り立て企業もゼロであるとは思えません。貸金業として登録済みの企業ならば、自己破産に関する手続き後の集金が法のルールに違反するのを気づいているので、法に反していると伝達すれば、返済請求を続行することはないと言えます。しかし裏金という俗称の登録しない企業においては予測外で、強引な徴集行為が理由の事件が減らないのが現実です。法外金融が取り立て業者の中にいる可能性がある場合は絶対に弁護士の会および司法書士の人などの専門家に連絡するようにするのがいいといえます。